HMFロゴ
 HOME >工作機械改良(私の工作機械)

作品名  Workshop Machines
制作者  クロン さん
日 付  2007/4/17
メール  ---
URL  ---

最近の工房(マンション1F)の様子です。フライスは長谷川のHPF。旋盤はマイフォードスーパー7。HPFはインバーターで動かしています。マイフォードは100V仕様ですが、あまり調子が良くないので、これも3相インバータ化しようと思っています。その他にSAKAI MM250、MECANIX L-150などがあります。ワイドレンズで撮影したので、そこそこの広さがありそうに見えますが、実際は6畳弱のスペースでひしめきあっています
ツール類。クランプは安物ですが、階段ブロックの底面を平らに削って使っています(そうしないと、テーブルにキズが付きます)。奥にSAKAIの割り出しテーブルが見えます。小型で使いやすいですが、ハンドルは自作しました。
マイフォード用に使っているミーリングコレットは国産の汎用品です。主に精密な治具を加工する際に使います。マイフォードの主軸テーパーはMT4となっているのですが(2001年以降)、実際は画像のようにテーパーの後ろのほうを少し削らないと装着出来ません。右下に見えるのは自作の引きネジです。超低速時に使うバックギアを入れると、主軸がロック状態になるので、スパナ一本でコレットチャックの締め付けが出来ます。
製作中のNCマシン。既に動作可能状態なので、使いながら手を入れています。現在は外装まわりの作業中。ヘッドカバーも作りかけ。左下の白いBOXはコントローラ一式(PCは入っていません)。右下の青いものは、小さなクーラントポンプ装置です。台座はアルファフレームで組んで、10mm厚の鉄板を載せ、さらに精密に加工した40mm厚のブロックの上にマシンを固定しています。この後、上部、下部とも完全に覆いが付きます。もう2年ぐらい、ダラダラと作業中…
手に入れた時のベースマシン(旧式の携帯で撮影したのでボケボケ)。匡体とLMガイド、ボールネジのみ。NCマシンの抜け殻?
当初案の完成予想図。コントローラーは、万一の漏水(クーラント水)を懸念して、右上部に設置する予定でした。しかし、匡体幅がかなり広くなるので、結局、匡体左下に収納するように変更しました。

バックボタン