HMFロゴ
 HOME >投稿作品(ツール)

作品名  QCTPの製作
制作者   発途工 さん
日 付  2009/3/16
メール  kuramateng@hotmail.com
URL  http://www31.ocn.ne.jp/~kurataw/

工房にある旋盤にQCTP(クイックチェンジツールポスト)(刃物台)を製作しました。
バイトの交換を迅速に行えるほか、敷板を使わなくても刃先の高さをあをせることができるため、
作業効率の改善につながるために製作しました。
構造としては、テーパー形状ののピストンを上下することにより水平方向のピストンを押し出し、
バイトホルダーを固定します。
本体、バイトホルダーはデンスバーを使用。
センタースリーブ、テーパーピストン、水平ピストンはS45Cを使用しています。
図面はこちらです(QCTP.gif)一部現物合わせによりサイズ変更有
イメージとしては、操作レバーを動かすことにより操作レバーにつながったセンタースリーブ(水色)が回転し、そこに取り付けたピンによりテーパーピストンが上下します。
テーパーピストンが下がることにより、水平ピストン(赤)が押し出されバイトホルダーを固定します。
これを3方向に設置します。
同時に3個のバイトホルダーを取り付けないため、水平ピストンの長さはそれほど気を使ってあわせなくてもいいと思います。
ベースブロック材料のデンスバー(鋳鉄)です。
鉄材屋さんの規格で50X43の棒状のものから、
64mm+切代にて購入してきました。
青ニスを塗りハイトゲージを使ってケガいています。
先日作ったばかりのハイトゲージですが、正確にケガキが出来てとても便利です。
水平ピストンを押し出すためのテーパーピストンです。
ロータリーテーブルに3爪チャックを取り付け、回転と、水平送りにて斜めの穴を開けているところです。
なかなかうまくきれいな線が削れません。
仕上げはヤスリにて手仕上げです。
本体ブロックのピストンを作動させるため、
レバーが通る長穴を開けているところです。
ロータリーテーブルの溝に周り止めのボルトを固定し10mmの長ボルトで固定しています。
本体のレバー側です。
水平ピストンは、外からばねを10X8X1.5のリングにて押さえ、そのリングは、2mmのねじ2本で固定しています。
部品全体です。
細かいねじ等は含まれていません。
これ以外として予備のホルダーが、ブランク状態で切り分けずにあります。
本体を下から見たところです。
水平ピストンです。
同じものを3本用意しましたが、
本体側の誤差が少しあったので、ピストンも各穴にあわせて若干長さを調整してあります。
また、テーパーピストンに押される側はピストンのテーパーに合わせてテーパー形状にしてあります。
旋盤本体に取り付けたところです。
これからローレットホルダーの製作に取り掛かろうと思っていますので、高さの制限のためのボルトはとりあえず付けてあるところです。
テールストック側から見たところです。
3方向に取り付けられるようにしたので大きなものでも外形削りが出来ます。
外径の大きな物を削る際に、本体を回してしまうと固定レバーがワーク側にきてしまい都合が悪いので3方向にしました。
突っ切りバイトの取り付けですが、以前より永尾研究所さんの敷板不要シャンクというのを使っていました。そのサイズに合わせてホルダーを作りました。
ボーリングバーはφ10のシャンクで作ったものがあり、それを取り付けられるホルダーを作りました。
上面を削ってあるのは、すり割用のカッターの直径が足りなかったので加工しています。

オレンジ色のレバーハンドルですが、落としたら塗装がこぼれました。意外と硬い塗料で衝撃には弱いみたいです。
大失敗です。(使えるところは使っていますので3分の1の写真です)
本来のケガキ線より少し上で削り始めたのに、途中でなにやら送りハンドルが重いなと思っていたらこんなに深くなっていました。(笑
原因はエンドミルをくわえていたチャックの締め込み不足です。(ドリルチャックだったのがそもそもの間違いです)
その後コレットチャックに変えたら5mmぐらいまでの深さならずれなくなりましたが、10mmですとやはり引っ張られてしまい深さが変わってきてしまします。
ただ、この深さの切り込みでもほとんどビビラないので削るのが楽しくなります。
ちなみにデンスバーを12mmのラフィングエンドミル(中古)にて削っています。

バックボタン