HMFロゴ
 HOME >投稿作品(ツール)

作品名  市販ラチェットタップレンチ用スタンド
制作者   yasyago さん
日 付  2007/10/26
メール  
URL  

このラチェットタップレンチは、monotaROで購入しました。
ノーブランド品という事でしたが
ドイツ製で確りした作りです。
同じ物か分かりませんが、近所のホームセンターでも売られています。
サイズ(大)M5〜M12と(小)
M3〜M8です。
センター穴加工が施してあり旋盤にセットして使用することが出来、非常に便利です。そこで、このタップレンチが使える簡単なスタンドを作りました。要するに
旋盤にセットした状態を垂直に再現しました。両サイズとも使えるように受け穴径26Φに合わせて真鍮でハラマキを作り、押しネジ2個で内部のフレームに当たる箇所で留めています。

台座(H鋼端材)の表面をエンドミルで削りました。
パイプ(手持ち品、素材不明
21.6Φ×450mm)をクランプ(T2000系)で挟んで位置決めし、長ネジ(12Φ)を通して上下からナットで締め付けています。 
上芯押し側プレートと下受け穴側プレート(共に、5t SS400)をシャフト4本(素材不明10Φ×140mm両端8mmネジ)で繋いでいます。後ろのストッパーに何かに使われいたゴム足を流用しました。ほとんど手持ち材料で作りました。新しく購入したのは
押しネジ(3Φ、4Φ)と長ネジだけです。

最初、上芯押し側プレートに直接10mmのタップを切ったのですが案の定・・・傾きました・・
そこで、旋盤でネジ穴アダプターを作りました。
左側にある真鍮のリング2個はプレートを挟んで押しネジ(3mm)4本で固定します。
サイズ小をセットした状態です。
芯押し軸は、10Φ×100mmの45Cです。
ツマミ及びネジ穴アダプターは、快削鋼です。ラチェットにタップを先に取り付けたした状態でスタンドにセット出来ます。
サイズ大をセットした状態です
こちらは、ラチェットをスタンドにセットしてからでないとタップを取り付けられません。もちろん上下プレート間を拡げれば可能でしょう。
使用するときは垂直に拘束されている以外、フリーです。
手でバイスを押さえ切ることも出来ますが切り込んでいくと重くなり、左右に振られます、多少振られても問題ないですが、クランプ等で固定すれば片手だけで楽々です。

もう少し、フトコロがあればとも思うのですが、私の旋盤C4で一枚板から削りだすのはこのサイズが限界でした。まあ〜上下プレートを2枚に分割してステーでも噛ませば簡単に増やせますが・・

バックボタン