HMFロゴ
 HOME >投稿作品(ツール)

作品名  クサビ型QCTP
制作者   Twin Bottle さん
日 付  2007/9/2
メール  kentaku@sm.rim.or.jp
URL   http://eco-steam.boy.jp/blog/

1.いろんなバイトを駆使して加工する時はバイトを素早く交換したいものです。
そんな時役立つのがQCTP(Quick Change Tool Post)です。

7×14サイズのミニ旋盤はサドルの幅が狭く、普通にバイトを取り付けただけでもサド
ルの端部からはみ出しそうになります。
オーバーハングを避けるためには、ポストを出来るだけコンパクトにするように心が
けました。
そこで、考えたのがクサビ型QCTPです。
2.軽くロック出来、振れない構造を期待してこんな仕組みにしてみました。
円筒カムが回転(最大120度)することで5°の勾配がついているクサビがスライド
し、アリ溝の横巾が拡がり、
ポスト面とホルダー面が密着し強固な結合となります。
3.クサビ部の加工です。
5°の勾配でケガキを入れます。
3−1.クサビ・スライド部の加工
3−2.円筒カムと組み合わさる、クサビ脚部が通る長穴を加工します。
4.クサビ本体の加工です。(15mm角の真鍮材を使用)
4−1.クサビを仮組みしてみました。
4−2.内側はこんな感じになります。
5.チャックに咥えた円筒カム材をターンテーブルに取り付け、フライステーブルに固定
します。
5−1.6mmのドリルで下穴をあけ、4mmのエンドミルで長穴に加工します。
X軸の送りとターンテーブルの回転を同期させながら、慎重に加工します。
6.完成した部品群です。
7.ホルダー群です。
8.完成したホルダーをセットしてみました。
軽くロック出来、強固な結合に満足です。

バックボタン