HMFロゴ
 HOME >投稿作品(マシン) 

作品名  彫刻機
製作者  kuwankahn さん
日 付  2007/2/19
メール  
URL  

この機械は オークションにて購入したものを自分なりに 手を加えて使用しているものです。
形式は 坂崎鉄工SEー2N型 S48年製です。 かなり重いので ベットや母型台等外せるだけ外して小屋に移動した時の状態です。
試作屋の間では、ならい機とも呼ばれています。

実は 最初にこの機械を知った時は「こんなカマキリみたいな 華奢な機械で何が出来るのかなあ?」と思っていましたが、使いこなせる様になると一品物の製作には 大変便利な機械です。
元々 ストレートカッターしか使えないものでしたが、エンドミルが使用出来るように ドリルチャック用の軸を製作した時の写真です。
台湾製の小型旋盤で製作しましたが精度出すのがかなり大変でした。(旋盤のアキレス腱もかなり解消しました)


DRO化もしました。取り付け方法は、これもまた 試行錯誤の末 現在の形に落ち着いています。最初の時は、手にぶつかったり、スムーズに動かなかったり、バイスのハンドルにぶつかったりと、結構大変でした。
貴重な機械なのかなあ??と思いながらも自分が使えなくては 意味ないからと、日々 便利な機械になるように 考察しています。
精度出すのがかなり大変だったのと、考え付いた方法が甘かったためか、ドリルチャックやら プーリ組み付け方等変えて 7本目にやっと納得出来るものになりました。右側から製作した順に並んでいます。
もう 最初のは材料になってしまったので 影も形もありません。
段々と高さが下がっているのが 判るでしょうか?
コレット部の拡大写真です。最終的にプーリはアルミ 軸そのものは 組み立て式から一体削り出しになりました。左が今使用してるものです。
随分低くなりました。

試行錯誤の末NBC−13型のコレットを使えるスピンドル軸になっています。苦労の甲斐あってか今は大変好調に動いています。
精度もかなり上がり 満足しています。
ガイド棒を乗せる台も作りました。
カッターのπ数と母型の倍率を合わせる為数十種類必要なのですが、現在は これだけです。
一緒に フライカッターや ドリルチャック
スパナ スクレーパー 取り付けネジナット等も
乗ってます。

今となっては 古典的な技術ですが、私が最も工作仕事をした頃のものです。
作業場の全景です。小屋の片隅で作業してます。 
主に、ラジコン、ガン等の部品の製作に使用しています。どうしたら 良いんだろう?が大好きです。
消耗品以外は 全てオークションで揃いました。
素晴らしい時代です。最も消耗品もネットを頼るようになってきました。
コレットを痛めたくないのでナットを一つに一つ作りました。

一つ ウッカリして 作ってしまったものがありま
すが 写真で判るでしょうか?
穴ピッチが違います。周りにテープを巻いて一周させた後 はがして寸法測って均等割りし、また巻き付けて それに対して穴を空けました。
コレットの固定は 少し邪道な所がありますが
まあ 勘弁して下さい。
軸もナットも 自己流ですが 満足しています。
加工風景全般です。
見えにくいですが小さなアルミの部品がベットに
載っているのが判るでしょうか?
上側が 母型台とも呼ばれている部分です。
基本的に この形がマスターになって、ベットの上の加工物を製作します。
パンタグラフのレイアウトが良く判る写真です。
この部分を調整すると、母型の1倍から1/50倍のものを製作することが出来ます。
現在は 1/4です。母型は 製品の四倍の
大きさになっています。

この型のパンタは 235o□で 少し小さいです。最も 初期型のようで手作りみたいな部品が多く、「これが 最初からの付いてる部品なの?」と以前のオーナに聞いたら「余り使ってないのあんたなら判るでしょ!」と言っていました。
以前に使用していたタイプは 300o□でした。
それだと 1/10のラジコンシャーシは 一回の
セットで削り抜けたので 丁度良かったのですが!
アルミの加工物です。
エンドミルが3Φです。 大きさが推測できると思います。小さなラジコンの部品です。両面テープで固定してますが、ガタや動きを規制する様に、セット台の脇にカードと薄いABSを両面テープで貼り付けて瞬間接着剤で固定してあります。
セット台を大きく作れば問題ありませんが、材料は高いので、こんな方法で凌ぐ訳です。台と加工物は両面テープで固定した後、削り落ちない部分を瞬間接着剤で固定しています。
これは 母型製作時のものです。
母型は基本的にアクリルで作っています。
耐久性もあり、数十年の保存に耐えます。

極端な話 厚紙で作って角に瞬間接着剤塗って紙やすりで仕上げて 母型にしても 樹脂などは立派な製品に見える様になります。
試作やの昔の極秘テクニックです。
(もっとも 今はデータですけどね)


この写真は アルミアップライトアルミCハブ ジュラコン製ロアアーム等を昔製作したものです。
コツややり方が判ってくるとベアリングの穴も空けられます。(^_^)V
単品製作には 充分です。

ラジコン関係の 足回りや その他部品製作に使用した例です。

これが 上写真の母型です。Cハブは直ぐ
判ると思います。後は 透明0,5oのアクリルを
カッターナイフで切って 貼り付けてある物が
多いので 判り難いですね!
ロクロです。これが かなり決め手になってます。
寸法の決まった半径の穴が沢山空いているだけなのですが、そこにパンタのガイド棒を刺してクルクル回すとその円の径に スピンドル軸が回ります。DRO化が出来て やっと製作出来ました。

4倍にセットして、半径100oで回すとスピンドル軸は 直径50oで回ります。
刃の径を足したり引いたり(内径)して倍率を考慮すれば良い訳です。

バックボタン