HMFロゴ
 HOME >工作機械改良(フライス盤)
作品名  DROのインバータノイズ対策
制作者  Wakitaさん
日 付  2007/9/11
メール
URL http://monotsukuri.dip.jp/

フライス盤に写真のような簡易型DROを取り付けました。

これはデジタルノギス等のデータ出力を利用するもので、最も低価格で手に入るDROの一つです。

通常の機械なら正確に取り付ければ比較的安定して計測できるようです。

しかし、インバータを使用している機械では、ノイズの影響が多く、誤作動が多発することがありました。

今回の現象では、突然5mm10mmとカウントが増えていくものでした。

掲示板などで様々な方から頂いたアドバイスで、行った対策方法をまとめておきます。

XY軸の取り付け状況です。

取り付けはダイヤルゲージを使用して平行を出します。

適当にシム、ワッシャーなどを噛まして調整します。

平行0.03mm以内になるように調整しました。

Y軸はパテとペンキを剥がしてスケールを取り付けてあります。どうやらこれも災いしていたようです。

不具合のために行った対策:

・ノイズフィルターをインバータの入力に取り付けてみる
・インバータの出力にフェライトリングを取り付けてみる
・信号コネクタの接触不良を疑って、コネクタの半田付け
・スケールの信号線をシールドケーブルにする
・信号線にフェライトコアを付けてみる
・インバータのキャリア周波数をいろいろ変えてみる
・インバータの設置場所を変えてみる
・インバータの出力線を限界まで短くしてみる
・インバータ、モータ、機械のアースを見直してみる
・スケールを機械から絶縁する

上記の対策で効果が見られたもの
×キャリア周波数変更:上げると酷くなった
    ノイズフィルター:わずかに表示が安定した?
    アースをきちんと取る
    設置場所を少し離す
    スケールを絶縁する
その他は特に変化は見られませんでした。

劇的に効果があったのはスケールの絶縁でした。

スケール本体がフライス盤の金属部分に触れない(導通しない)ようにプラスチック製のワッシャーをスケール裏に挟み、プラスチック製のネジ、ナットを用いて取り付けました。

その他にスケールに触れる部分はビニールテープなどを貼り付けて絶縁しました。

この対策で表示のちらつきは全く無くなり、誤作動も無くなりました。


バックボタン