HMFロゴ
 HOME >工作機械改良(旋盤)

作品名  PROXXON PD230改造
制作者  TAKA さん
日 付  2007/6/17  2007/7/3 記事追加
メール
URL

1.私はあるきっかけで、初めて旋盤がほしくなり近くのホームセンターでプロクソンの形に惚れ込み今年の4月にPD230を購入しました。 木を中心に削る模型を作製する予定でしたがインターネットで旋盤の世界を知ったとき 私は金属の切削をしたくなりました。

しかし金属を削つている時 バイトが食い込む瞬間大きくチャックが傾いてしまい主軸台を固定しているM5のボルトが徐々にゆるんでいました。このM5のボルトはベースから4個所 軸のアルミフレームにタップで固定されており 強くしめるとネジがバカになってしまいそうでした。
明らかにこの機械で金属を削るのは壊れるのを待っているようなものでした。しかし買ったばかりの旋盤をまた新しく買い換えることには納得がいかず悩みました。ある日インターネットで調べているとフライス盤のコラム補強をされている方のことを知り剛性の強化をすればこの旋盤も解決できるのではないかと思いました。
2.そこで思いついたのがベースから3個所M6で 軸のアルミフレームにナットで編みこんでみました。 
これでかなり快適に真鍮までは削れるようになりました。
3.つぎに、メインモータのプーリーをかえて(約1000回転ほど落とし)トルクを稼ごうと思い 木のプーリーからアルミのプーリーに変更いたしました。
このプーリーの作製には3日もかかり 3個目に作製したプーリーで うまくベルト駆動するようになりました 測定すると最低速で毎分247回転までおとせました。

これで50φの鉄も0.4mmのきりこみで外形を削れるようになりましたが突っ切りではバイトが食い込む瞬間大きくチャックが傾いてしまいました。
4.どうしてチャックが傾くのか悩んでいましたが このチャックの軸フレームが部屋になっているのでアルミを溶かし流しこんだらどうなるかと思いましたがアルミは固まると収縮すると知人に聞きあきらめました。
それで鉄セメントを流し込み固めてみることにしましたが固まってからも粉ぽくベアリング等に粉が入るのではと心配になりコンクリートドリルで取り除きました。
さらに違うものを探していると鉄の粉でできたペースト状の主材と硬化剤を混ぜて流し込むものを見つけました。
5.これは固まると200Kgまでの強度がでるそうです。 早速購入しフレームに流し込み固めてみました。
6.悩みはじめてから2ヶ月が経過しました さっそく約20φ前後のS45Cで突っ切りのテストをしましたところ成功しました。
以前は、途中で突っ切れなくなっていました。
7.バイト台も作ってみました。



8.ネジ切りもできるようになりました。
さすがドイツ製(台湾で作っているという噂も?)
以上想像したことが、うまくいった時に想像以上の感激があり、機械改良に、私は、はまってしまいました。 これからも、さらに機械改造してまいります。 これでいいのか?

9. 追加改造Ver2
まだバイトが食い込むとわずかに主軸台が動くので、さらに剛性の強化をすることにしました。 
 
強化方法は前回と同じですが、今回は主軸フレーム内の電気部品(モータを除く)をすべて外部に移設(仮り)し 主軸左右のフレームを固めました。

 
10.これでバイトが食い込んでも主軸台は、びくとも しなくなりました。(しかし、つめが・・・・)
11切削テスト 
フライス盤もどきです。
フライカッターがないので 持っているφ35のホルソーで材質S45Cの端面を0.2mmづつ、削っているところです。

0.2mmぐらいならモーターも止まりませんでした。
12. 振動が結構あるので芯押台で補佐しています。

バックボタン