HMFロゴ
 HOME >工作機械改良(旋盤)

作品名  PhaseII+QCTPをFL400Eに装着
制作者  Silver
日 付  2006/6/12
メール  webmaster@silverlegacy.info
URL  http://www.silverlegacy.info/

寿貿易製卓上旋盤「FL400E」にPhaseII+社製QCTP(Quick Change Tool Post)を旋盤側無加工で装着しました。
QCTP全パーツです。
改造の概略は、

・QCTP本体底部の穴を拡張する
・QCTP本体底部を座ぐり加工する
・Fixingシャフトをツバ付きタイプのものに置き換える
・上記Fixingシャフトが納まるように偏芯カムシャフトを切削する
などです。

今回、QCTPはAXAサイズ・ピストンタイプのものを選択しました。
FL400Eのトップスライドです。

ツールポスト取り付けシャフトが2段になっており、さらに2段目はトップスライドと一体となっているので、市販のQCTPを装着するには、この部分を削り新しくシャフトを立てるか、QCTP側を加工する必要があります。

今回、旋盤側可逆改造にこだわったため、QCTP側を加工しました。
QCTP本体底部に空いている穴径をツールポスト取り付けシャフト2段目が通るように拡張しました。

また、QCTPとトップスライドの密着度を高めるために、底部を浅く座ぐり加工しました。

これらの加工は旋盤を使用し、4つ爪チャックでQCTPを把握すれば比較的容易に行えると思います。
Fixingシャフトは最初から付いてくるものを使用せず、新造しました。

QCTPの固定はFixingシャフトでQCTP底部を挟み込んで行う構造なのですが、デフォルトで付いてくるFixingシャフトでは当り面積が小さくなり強度的に不安なので、当り面積を稼ぐためにツバ付きのものを新規製作しました。

作例の素材ではS45Cを使いました。
新造したFixingシャフトが納まるように偏芯カムシャフトを旋削しました。
不思議なことに、本改造を施すと旋盤の切削性能が上がりました。
今まで苦労して行っていたSUS突っ切りなどもかなりハイスピードで行えるようになりました。

AXAタイプのバイトホルダーは各社から出ておりますが、それぞれ互換性があります。
ホルダーは14mmシャンクのバイトまでホールド出来ます。

バックボタン