HMFロゴ
 HOME >工作機械改良(フライス盤)
作品名  ミニフライス盤のベルト・ドライブ化
制作者  Twin Bottle さん
日 付  2008/4/1
メール  kentaku@sm.rim.or.jp
URL  http://eco-steam.boy.jp/blog/2008/02/post-40.html
1.フライス盤コラムの剛性を上げ、調子に乗りフライカッタでガンガン削っていました
らやってしまいました。
何時か、何処かのプラスチックギアがやられるとは予想していましたが、ヤッパリと
いう感じです。
そこで、ミニフライス盤のベルト・ドライブ化をしました。
ベルトは低速側にセットしています。

2.12mm厚のアルミ板を型取り、CADで描いた図面を貼り付けます。

3.R部分はターンテーブルに載せて加工します。
回転用レバーにて動かしながら、上向き加工します。

4.穴部の加工はバーチカルプレートに固定し、据えぐりで行いました。

5.ベルト・ドライブ化の部品群です。
ドライブプーリーの径は25φと45φ、ドリブンプーリーの径は60φと80φです。
ベルトのサイズは「K-13」です。
6.部品・仮組みの図です。
ベルトの張り替えは2本のボルトだけで簡単に行えます。

7.フライス盤本体に取り付け、ベルトをセットし完成です。
高速側にセットしています。

ベルト駆動の大きな成果は・・
何と言ってもギア音が無くなったことで、とても静かなことです。
そして、ギアが欠ける心配が無いのでガンガン削れます。

また、コラム補強の成果により、Z軸の加工がとてもスムースになりました。
以前はエンドミルが急に食い込み、困難であった座グリも容易になりました。


バックボタン