HMFロゴ
 HOME >CNC(マシン)

作品名  CNC氷彫刻機
制作者  MECH−LABO 矢内
日 付  2007/2/22
メール  mech-labo@yauchi.co.jp
URL  http://www.yauchi.co.jp/mech-labo

氷彫刻専用のCNCフライスマシンを作ってみました。

パソコンで描いた絵やスキャナで取込んだイラスト、文字などを重さ135kgの氷柱に彫刻できます。(ストローク:X1000 Y550 Z245)
市販のソフトやフリーウエアを利用していますので低価格で自動彫刻機の環境が構築できます。三次元CADを使えば立体形状も・・・

CNC基板:QUATTRO−1
図面です。フレームは作りやすいアルミ構造フレームを使いました。
大きいので使わない時は立てて置けるようにしました。
箱型にしたのは、鉄を削るのと違い、削っている間にワークが溶けていく為、(^^; 箱の中の上部にドライアイスを置けるようにして冷気を逃がさないためのものです。
材料は錆びないようほとんどステンレスとアルミパーツにしています。
寿貿易の卓上フライスM20A使用。
製作したアルミプレートの一部
全部大きい部品ばかりでもう少しベッドの大きいフライス盤が欲しいところです。
スピンドルモーター用ベース

材質:SUS304
プーリーのベース2個製作

材質:SUS304
スピンドル部

ステンレス丸棒から削り出し、先をガスタップを切ってからすり割り加工しています。
刃物のシャンク径は6mm固定になってしまいますが、コレットのように芯が出ますね。
刃も氷専用に丸棒から削り出しで製作しています。
木工用のルータービットのような形状になってます。
Z軸を上から見たところです。

送り機構は、金属を削る程の剛性や精度が必要ない為、XY軸はタイミングベルトとリニアブッシュにしています。僅かなバックラッシは問題にならないのでZ軸は台形ネジを使っています。
CNCソフトは低スペックのパソコンで動くので、中古で2万円で買ったノートを専用に使ってます。

CNCソフト:Mach2
文字はWindowsフォントが使えるので、毛筆なども自由自在です。
フリーウエアのCAMでも使えます。

CAD/CAM:SakraCAD(フリーウエア)
イラスト素材集等からdxfファイルにしてNCコードに変換して彫る事で簡単な絵も彫れます。

タイミングベルトでも結構精度よく彫れますね。
満足です♪
ホームページに動画アップしてますので、よかったら見て下さい。

バックボタン