HMFロゴ
 HOME >CNC(マシン)

作品名  CNCマイクロ旋盤 FL350−CNC
制作者  Kow
日 付  2006/12/14
メール  applejack@ann.hi-ho.ne.jp
URL  http://www.ann.hi-ho.ne.jp/applejack/

X−1に引き続き今度は旋盤のCNC化です。ベースマシンは寿のFL−350です。BタイプをベースにCNC化を実施しました。
今回も基本的な構造はまったく手を加えず、自動送り装置を潔く取っ払い、代わりにステッピングモーターを配置しました。

まだ完成したばかりであまり切削事例がないのですが、非鉄金属の切削であればまったく問題はありません。
ジュラルミン17Sを突っ切る場合はサカイのハイス突っ切りバイトを使用して主軸回転数は500回転/分、送りF20で不安ない突っ切りが可能です。

小物中心の私にとってはじゅうぶんな性能です。
X軸は親ネジの左手にカップリングを介して直接マウントしてあります。旋盤のY軸はフライスのそれと比較してスライド量が大きく、親ネジのガタやたわみの吸収に苦労しました。
Y軸です。ほぼX軸と同様の構造です。・・・というより、X−1−CNCのモーターユニットとほぼ同じ構造なのです。旋盤のY軸はハンドルが必須ですのでモーター軸に4mmネジを切り、無理やり取り付けました(両軸モーター持ってなかったので)。
ちなみに、各軸に仕込んであるカップリングは真鍮20mm丸棒より切り出した自作品です。現時点ではノートラブルで稼動しています。
試験切削の成果?です。球の削りだしなど、手作業では不可能な(私には。。。)倣い削りも、CNCなら可能です。
倣い削り(風切削?)試験切削風景。
FL350−CNCとX−1−CNCの揃い踏み。次はツールチェンジを実現したいと考えています。

バックボタン