HMFロゴ
 HOME >CNC(マシン)

作品名  CNCマイクロフライス盤 X−1−CNC
制作者  Kow
日 付  2006/9/
メール  applejack@ann.hi-ho.ne.jp
URL  http://www.ann.hi-ho.ne.jp/applejack/

ベースマシンはベルメックスX−1です。X−1も数種類のバージョンが存在するようですが、私のX−1は恐らく最初期型だと思います。
基本的な構造はまったく手を加えず、送りハンドルを潔く取っ払い、代わりにステッピングモーターを配置しました。

本体剛性に少々難がありますが、非鉄金属の切削であればまったく問題はありません。
ジュラルミン17Sを切削する場合はエンドミル6mmを使用してスピンドル回転数は400回転/分、送りF50、切り込み0.5mmで安定した切削が可能です。

オリジナルパーツ(主にオートバイ、ラジコンなど)を切削するにはじゅうぶんな性能です。
ステッピングモーターのマウントプレートはバンドソーとベルトサンダーの完全手仕上げです。
モーターユニット。X軸Y軸共通です。
X−1の泣き所であるスピンドルギアはオリジナルの樹脂ギアからS45Cギアに変更してあります。その際、ギア比を変更しトルクを稼ぎました。ギアが「ヒューズ」代わりになっているのでは、というご指摘も頂きましたが今のところノートラブルで稼働中です。
CNC基盤はオリジナルマインドのQUATTORO−1、モーターやケーブルも同時に購入しています。
試験切削風景。さすがの等速送り、フライス目がきれいです。
思わず自画自賛、満足の仕上がりです!

バックボタン